忍者ブログ

「若い時の苦労は買ってでもせよ」の詳細記事: 問わず語り -SHINOZAKI-

問わず語り -SHINOZAKI-

社長のひとりごと   日々に想うことを不定期に掲載しています

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Navigation

若い時の苦労は買ってでもせよ

経験重視型の教育方針をもって、ゆとりある学校を目指した「ゆとり教育」世代が就職時期をむかえている。
ゆとり教育の善し悪しは、いろいろあるとは思うが、ここでどうのこうの言うつもりはない。
ただ、このゆとり世代には、苦労を知らない子が多いように思う。

ある知人から聞いた話。
就職活動で1次の筆記試験は合格するが、2次の面接試験で落ちる場合の多くに、大切に大切に育てられ苦労を知らない子が多いのだという。いろいろな経験不足が面接の際の言動に表れるというのだ。
ゆとり教育には「生きる力・生きる知恵」を養うこともあったように思うが皮肉なものだ。

人には、さまざまな経験が必要である。
学校という狭い世界では、苦労すること、たいへんなことは避けて通ることも可能だ。
ただ、社会はそうはいかない。楽しいこともあれば、苦労することもたくさんある。
だから、苦労を経験していない学生を採用するはずがないのだ。
なぜなら、社会の中で壁にぶつかったとき、自分で考え対処することができない、経験がないのだから。

だからこそ、学生のうちに本業である学業はもちろんだが、社会性の勉強をすることは重要である。
それが、アルバイトであろうとサークルであろうと自分の趣味であろうと、一生懸命に打ち込む。
そして、今の立ち位置に満足することなく、さらなる高みを目指すことだ。
今の位置で満足していたのでは、苦労も感動も楽しさも経験できない。
高みを目指すことで、新たに得なければならない知識だったり、新たな人脈だったり、人間関係の構築だったり、悩んだり苦労をする。これが経験んなるのだ。
「若い時の苦労は買ってでもせよ」とは、よく言ったものだ。
あなたは、苦労を避けていませんか?

拍手[5回]

PR

Navigation

「若い時の苦労は買ってでもせよ」へのコメント

「若い時の苦労は買ってでもせよ」にコメントする

コメント作成

Navigation

Copyright ©  問わず語り -SHINOZAKI-  All Rights Reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]

menu

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

英単語GO

powered by英単語GO!

最新記事

(08/17)
(04/27)
(02/16)
(09/26)
(08/11)

カテゴリー

リンク

カウンタ